カードローン頼みのギャンブル人生は自己破産への道

男性 40代
アコム、みずほカードローン

職業は会社員で独身です。

ギャンブルにのめりこむ

ギャンブルと遊興費などにカードローンを使用しました。
ギャンブルは主にパチスロです。
少し前の話ですが、当時は勝負出来る金額が大きく、勝ち負けで、ものすごい金額になることが多々ありました。
それが自分をギャンブルにのめりこませていく原因となりました。
勝ったときは気が大きくなり、高価な物を購入したり、人におごったりして散財していました。
負ければ借金という感覚ではなく、自分のATMのような感覚でカードローンからお金を借りて使っていたように思います。
現在冷静になってみて考えると、こんな恐ろしいことはありません。

自転車操業の日々

みずほのカードローン、アコム、プロミス、レイクなど多数利用していました。
借り入れ金額は、合計250万円ほどだったと思います。
元金とどんどん膨らんでいく利息に自転車操業でまわしているうちに、ほぼ全額が滞納という事態を招いてしまいました。

お金の工面ができなくなる

だんだんとお金を工面するのも難しくなり、そのうちに各社への返済がずるずると遅れ始めました。
そして気がつけば、もうどうしようもない状態にまで陥っていました。

督促におびえる

業者から督促の手紙が届くようになりました。
法律のおかげなのか厳しい口調での取り立てというのは経験せずにすみましたが、それでも毎日恐怖とプレッシャーにおびえるばかりでした。

自己破産

最後には貸してくれる業者もなくなり、友人知人にさんざん迷惑を掛けてお金を借りたりもしました。
しかし、結局どうしようもなくなり法的整理手段をとりました。
親に頭を下げて弁護士費用を借り、自己破産手続きに望むことになりました。

私のようにならないで

私のようになってからでは何もかも遅いと思います。
当たり前のようですが、まずは借金をしないように心がける事が大事です。
しかし、もしお金を借り入れてしまったならば、自分の生活を極力制限して早期に返済することが重要です。