結局妻が解決した私のカードローン滞納

男性 46歳
三菱東京UFJ銀行

会社員で、家族は妻、小学生5年生の子どもがいます。
月収は額面で40万円です。

バイクのパーツ費用に

私はバイクが趣味で、バイクのカスタム費用のため、カードローンを借りました。
ネットオークションでレアなパーツが売りに出ていたのですが、個人出店のため、クレジットカードが使えず、手持ち資金も無かったので、カードローンを利用しました。

カードローンの滞納

三菱東京UFJ銀行で、借入金額は30万円でした。
滞納金額は2ヶ月分で54,040円です。

手持ち資金がショート

私の預金口座から、返済金の引落しをしていましたが、その月はバイクの自動車保険の更新保険料の引落しが重なってしまいました。
そのことを私はすっかり失念しており、お金を口座に入れておかなかったため、残高不足で三菱東京UFJ銀行のカードローンの引落しができませんでした。
また、数日後にバイク購入時のボーナス払いの分を支払わなければならなかったため、手持ち資金がショートし2か月連続で滞納してしまいました。

勤め先に連絡が

三菱東京UFJ銀行より、勤め先に返済金の引き落としが出来なかった旨、連絡がありました。
引落しできなかった分を指定の口座に振り込むよう指示がありましたが、手持ち資金がなかったため、すぐに振り込むことができませんでした。
結果として2か月分の滞納となってしまいました。

妻に相談

妻に訳を言ってお金を家計から捻出してもらいました。
三菱東京UFJ銀行の指示により、指定の口座に当月の返済額と遅延損害金を合わせて振込みをしました。

自分で管理が大事

毎月のローン、クレジットカードの引き落とし、保険料の引き落としなどの金額をきちんと自分で把握しておくことが重要です。
私はこの滞納後、エクセルに毎月の引き落とし予定表を作り管理するようにしました。
今では、ネットでもカードローンの返済予定を確認することができますので、こまめに確認した方が良いと思います。